モチベーションが上がらない!人生を好転させるために必要な事とは!?

Sponsored Links

人生には必ずと言っていいほどやらないといけないことがあります。
勉強であったり、仕事であったり、家事や育児と様々です。
しかし、やらないといけないと解っていてもなかなか「やる気」が起きず先延ばしにすることに…。

先延ばしにした結果、物事が先に進まないだけでなく自分に対して「なんて自分はダメなんだ!」などと自分を責めてしまい負の感情のスパイラルになってしまうハメに…。

昔からよく言われている【継続は力なり】の言葉通りモチベーションを上げて物事を継続することは人生を好転させる上でかなり重要になっています。
この記事を読んで下さった方は今更そんなことを伝えなくても十分に理解していることだと思います。

ですが、思う様にモチベーションが上げることができない時や望んだ結果が得られない時に必要以上に自分の事を追い込んでいたり否定していたりまたは、周囲の人と比べて落たりしてたりしてませんか?
もし、あなたもそうだとしたら今すぐにやめましょう。

詳しくはこれから書いていきますが、あなたの脳は良くも悪くも純粋です。あなた自身がネガティブな言葉を多く浴びてしまうことでその通りの行動をあなたの脳はとろうとしてしまいます。

これは他人があなたにかけた言葉ではなくてもあなたが発した言葉でも同じ事だそうです。

普段、何気なく行っている行動や発している言動が実はモチベーション下げてしまう原因になっているかもしれません。

この記事は日々の行動や何気なく発している言動を見直すキッカケになれるよう書きました。ぜひ最後まで読んでいただいてやる気をガンガン上げて明るい人生を手に入れましょう。

やる気が出ない原因が理解できていない

やる気を出すために必要なことは先ず始めに自分のやる気が出ない原因をしっかり考えることが重要です。

自分のやる気の出ない原因をちゃんと理解していないまま解決策や対処法を探す方がいたりします。もしあなたもそうだとしたらしっかり自分のやる気が出ない原因を把握しておくことをおすすします。

どんなに良い解決策だったとしても自身の問題を解決する方法でなかったら意味がありません。
しっかりとあせらずに自分自身と向き合い何が本当の原因なのかを考えその原因解決に合う方法を行うことがとても重要です。

私たちの人生は、以下のように、いくつかの分野のバランスで成り立っています。

  • 仕事
  • 家庭(親との関係、配偶者との関係、子どもとの関係、親戚関係を含む)
  • 趣味や教養
  • 人間関係、
  • お金/経済
  • 健康など

一つの分野に偏り過ぎた結果、他の分野に悪影響を及ぼしてしまいバランスが崩れてやる気が出ない原因になると言われています。

各分野、それぞれに原因がないのかを考えバランス崩している分野がどこなのか。そしてその分野をさらに深堀りしていく事で根本の原因がみえてくるかもしれません。

ちなみにバランスを崩している分野は一つとは限りませんので色々な角度から自分を見つめてみる必要があります。難しく考えないで軽い感じで思ったことを紙に書いてみてください。ここで大事なのは一見したら関係のない事でもとにかく書いてみることが大事です。

誰にみせるわけでもないので自由に書いてみましょう。自分でもわからなかったやる気の出ない原因が見つかるかもしれません。

みんなのやる気の出ない原因はなに?

いろんな人たちのやる気の出ない原因を yahoo知恵の悩みの一部を抜粋して集めてみました他の人たちはどういった状況でやる気が出なくなるのでしょう。

興味のない方は飛ばしてもらってもOKです。

自分でもびっくりするくらいやる気が出ません。 やらなければいけないことがたくさんあるのに危機感だけは異常にあるのに体が全く動きません。

yahoo知恵袋

仕事や育児はいいんですけどどうにも家事がやだ…。皿洗い、掃除が特に。 子供たちがいるから余計掃除してもしても床が汚くなる。やる気を起こすにはどうしたらいいでしょう。今日は仕事休みだったけど何もしたくなくて何もやらず。家事代行サービスでも利用しようかと思いつめました

yahoo知恵袋

仕事から帰ってくると、全くやる気が出ないのです。 自分の気が向いた時しか、意欲的に掃除も出来ていないですし、このままではいけないとは思うものの 、続きません…

yahoo知恵袋

家事がやる気起きなくていつまでたっても寝れません。 いつもは0時頃には寝ているのに 今日は仕事で怒られて凹んでいるせいか、家に帰ってきて無意味にぼーっとしているだけで家事がはかどりません。

yahoo知恵袋

多くの人が家事や勉強そして仕事などやる気が出なくて様々な悩みを抱えています。
そして、それはその問題が本人だけものではなかったりしています。また、時間が経つにつれてどんどん深刻になってしまってるようです
しっかりとした対策をなるべく早く行うことが何よりも大事だと思います。

あなたに合う対処法を見つけましょう

対処法を見てもらう前に大切な事を伝えなければいけません。
それは...。

やる気は継続しない

ということです。

これは本当に大切な事ですのでしっかりと覚えていただきたいです。
ですので今日の自分が出来たことを明日の自分が出来なかったとしても自分が悪いわけではないのです。
やる気が継続できなくて悩んでおちこんでましたよね?
しかし、それは当然の結果なんです。

意外ですよね?

僕も思ってました
「出来る人は根本的に何かが違う。きっとなにかすごい才能があるはずだ。だから、自分がいくら頑張ってもどうせ無理なんだ」


しかし、どうしてもあきらめきれず色々な情報をかき集めて解りました。

「何かを達成できる人はあることを知っていただけなんです」

やる気を出して頑張るのは始めのうちだけである時点を境にやる気なんか出さずとも継続してできるようになっていくってことなんです。

これは特別な人たちだけができる訳ではありません。詳しいことは省きますが人の脳はなるべく「選択」をしないようにするらしいのです。
「やる」「やらない」「する」「しない」などの選択や考える事を嫌います。ですので出来るだけ「考えなくても行動」を行おうとします。

つまり、習慣化しようとします。

もちろん最初のうちはやる気を出して取り組むことが必要となりますが習慣化してしまえばその行動をおこなわなければ不快に思う様になったりします。

例えば歯磨きのタイミングは人それぞれですがある程度きまった時間や行動のあと(食後や入浴後)などに行ったりしていませんか?
他にも靴の履き方などいちいち気にしたりしませんよね?

この習慣化は一度できてしまえばなかなか抜け出すのが大変です。

その習慣化の事をルーティーンなど言われたりしますが願望や目標を達成するには大事な行動です。

例えばあなたがダイエットにしていたとして5キロを目標に痩せようと思っていたとしましょう。

5キロ痩せることが本当のゴールでしょうか?

太らない自分を手に入れる事がゴールなのではないのでしょうか?

運動を習慣化させることができたらこの先ダイエットという言葉があなたの人生からなくなりますよね?
それが勉強だってそうです。

習慣化さえできてしまえば「面倒くさい」という言葉とはサヨナラできます。

つまり最初は無理やりにでも行動していき習慣化さえできてしまえばやる気を無理に出さなくてもいいってことです。

習慣化のすばらしさとやり方については長くなるのでまた別の記事にしたいとおもっていますので楽しみにしていてください。
ここからは習慣化にする手前のやる気をだす方法を具体的に書いていきますがやる気はもともと持続しないものですのでやる気が継続できないからといって必要以上に自分を責めないでください。何度だってあきらめずにチャレンジしましょう。

体調を整える

何よりもまずは、体調を整えることが先決です。体調が悪いと倦怠感や眠気など様々な事に悩ませながらさらにやる気をだして何かを始めるなんて無理な話です。たとえその時に気合や根性でどうにかなったとしてもその先に無理がたたって体調を崩してしまったり余計に面倒に思えてきたら意味がない事です。
できるだけ万全なコンディションでいられるように日々の生活を整える様にしましょう。

  • 軽い運動(ストレッチ)をする
  • 体に良い食事をとる
  • 睡眠時間を確保する(最適な睡眠時間は年齢とともに変化します)

などいろいろありますが上記した内容は最低限の体調を整える方法です。意識してみてください。これだけでも大分、やる気が出てきます。

運動をする

運動は体調整える効果だけではなくストレスを解消させることでも知られています。勉強などのやる気がでなくてイライラしていたり落ち込んだりしている場合は一旦そのことから離れてみて体を動かすようにしてみましょう。

他にも運動する事で得られるメリットは他にもあります

  • 健康増進
  • 体力向上
  • 睡眠の質が高まる
  • ストレス解消
  • 体型の維持
  • 耐性力がつく(忍耐強くなる)
  • アンチエイジングに効果
  • 脳の働きがよくなる

等、様々なメリットがありますので日々の生活に取り入れてみてください。

瞑想をする

運動が苦手な方には「瞑想」がおすすめです。あのアップル社の創設者であるスティーブ・ジョブズも生前は「禅」を行っていました。

「じっと座って観察すると、自分の心に落ちつきがないことがよくわかる。静めようとするともっと落ちつかなくなるんだけど、じっくりと時間をかければ落ちつかせ、とらえにくいものの声が聞けるようになる。この時、直感が花ひらく。物事がクリアに見え、現状が把握できるんだ。ゆったりした心で、いまこの瞬間が隅々まで知覚できるようになる。今まで見えなかったものがたくさん見えるようになる。これが修養であり、そのためには修行が必要だ。あのときから、僕は禅に大きな影響を受けるようになった」

『スティーブ・ジョブズ』ウォルター・アイザックソン著、井口耕二訳/講談社

他にもイチロー選手やビル・ゲイツなど数々の著名人やGoogleやFacebookなどの世界的に有名企業が研修で取り入れています。

多くの著名人や企業が瞑想を取り入れるメリットは以下のとおりです。

  • ストレスの軽減
  • 集中力・生産性が向上する
  • 免疫システムの機能向上
  • 不安や不眠などの改善
  • ポジティブシンキングになれる
  • 感情コントロールの向上

始めのうちは一分の瞑想でも構いません。なによりも大切なことは無理せず続けていくことです。

セルフイメージを高める

セルフイメージとは「自分について、抱いているイメージ」のことで、このセルフイメージが低いとあるゆる分野に影響を及ぶ可能性があります。
やる気を出して物事に取り込む自分になりたいと願っていても、心のどこかでは諦めている自分がいるってことです。

セルフイメージは自分だけではなく勉強や家事など苦手イメージを持っているとどんどん苦手になっていったり嫌いになっていく感じです。

セルフイメージを高く持つというのは簡単ではありません。これは、 自分や物事に抱いていたイメージを上書きしていく作業です。

人間が何か行動を行う時は思考し行動をすると言われています。ですので思考をかえることで今までと違った行動ができ、その先にあるいつもとは違う「結果」になります。
つまり「結果」を変えれば「未来」が変わってきます。

そういった点でもセルフイメージを高めるという事はやる気を出すだけではなくあなた自身の「将来」にもアプローチできる大切な考え方だと思います。

やり方としては色々な手法がありますが大事なことは今の自分に対してネガティブなことを思わない・言わないようにすること。それから根拠のない自信を持つという事です。

根拠のある自信とは過去に何かしらの成功体験や結果からくる自信です。一方で根拠のない自信は過去の自分がどうであれこれからの自分の可能性を信じている事です。

やる気を出して苦手な行動を習慣化していくのには、自分に対してのセルフイメージを変えていく事はとても大切なことだと思います。ぜひ、思うだけで余計な手間はかからないので直ぐにも実践してみてください。

まとめ

いかがでしたか?
今回はやる気をなんとか出しながら日々、頑張ってる方達が少しでも”前向き”になるために必要だと思う事を記事にしてみました。
もちろんこの記事では書いていない方法を試してもらっても全然かまいません。大切なことはあなたの人生が毎日、少しずつでも前に進んでいく事です。

「早く自分の望んだ結果がほしいと」か「頑張っているんだけど成長がいまいち感じられない」なども感じることがあるでしょう。焦ったり悩んだり後ろ向きな考えになることは、良くわかります。

しかし、成長してる過程は自分ではなかなか感じるのは難しいものですから、自分がやる気を出して行っていることをどうか疑ないでください。

あなたが今、悩んでいる事や行動しようとしている事はあなたが成長していく中で大事なことだと思う様にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。





Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする