からあげ絶品レシピ!最適な漬け込み時間はどれ位なの?

Sponsored Links

子供から大人まで幅広い年代に愛されているオカズといえばからあげですよね。
そこで今回「からあげ絶品レシピ!最適な漬け込み時間はどれ位なの?」と題しまして唐揚げのレシピに加えて最適な下味の漬け込み時間を調査しました。
ぜひ、最後まで読んでいただき実際に作っていただき素敵なからあげライフをお過ごしくださいね。

からあげは最適な漬け込み時間が大事

これを読んで下さったあなたは普段からあげを作るときにどれくらい下味を漬け込んでいますか?
もちろん作ったことがない人もいるとは思いますが、単に漬け込み時間といっても、その時間によってからあげの味やジューシーさが変わると言われています。
最適な漬け込み時間を、見極めることがあなた独自の絶品からあげになるでしょう。

漬け込み時間は丸1日は長すぎる

下味は丸1日漬け込むと「しょっぱすぎる」と感じる人が多い様です。
濃い味付けが好みの方はそれでもいいんですが、大半の方は濃いすぎると感じてしまうので、誰かに作ってあげるときは、調整が必要です。
最適な漬け込み時間はズバリ30分~15時間の間です。時間が開きすぎと感じた方も、いるでしょうがポイントは漬け込みすぎると味が濃いくなるということなので、最低でも30分は必要です。
ちなみに僕は前日の夜に漬け込んで翌日の朝に揚げるのが1番最適な味だと感じたので、8時間~9時間が最適だと思います。
味の好みは人それぞれなので細かい調整時間は、自分で見つけてみるのもいいでしょうね。

作り方(レシピ)

タレと下味の付け方は以下の通りです。

材料

鶏肉           :250g
砂糖           :小さじ1杯

★すりおろしにんにく(チューブでも可):大さじ1杯
★すりおろししょうが(チューブでも可):大さじ1杯
★酒                 :大さじ2杯
★醤油                :大さじ2杯
  1. 鶏肉の脂分を取り除くために1度水洗いをしてください。(水分を含ませるためにも)
  2. かるく水気をとったのちに好きな大きさにカットして下さい。ビニール袋等に鶏肉をいれ、砂糖をいれて揉み込みます。(砂糖を揉み込むと保水されジューシーに仕上がります)
  3. 別のビニール袋に★を投入して混ぜ合わせたのち、2の鶏肉を入れて優しく揉み込み味を馴染ませてください。
  4. 揉み込みが終わった3のビニール袋の中の空気を抜きます。
  5. 冷蔵庫などで寝かせます(最低30分以上必要です)

続いて衣の材料と揚げかたです。

衣の材料

小麦粉         :10g
片栗粉         :40g
  1. 別のビニール袋に衣の材料を入れ粉を混ぜます。ここに漬け込んだ鶏肉を入れ優しく揉み込みます。
  2. フライパンか鍋に油をいれて160~170度の温度(中火)にしておく。
  3. 温まったら鶏肉を投入し揚げていきます。
  4. 鶏肉の周りの泡が小さくなったらいったん取り出し、余熱で火を通します。
  5. 1分前後置いた鶏肉を再び揚げます(高温の油で)。揚げすぎないように注意し、油を切ってしばらく置いておく。
  6. 余分な油が切れたらお皿に盛り付けて出来上がりです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。 「からあげ絶品レシピ!最適な漬け込み時間はどれ位なの?」と題しまして 今回、紹介したのは、非常にシンプルなからあげです。
他にも「塩からあげ」や「ネギ塩たれからあげ」などなど、たくさんあります。
今回、紹介した「からあげ」だけでわなく色々チャレンジしていただいてあなただけの「からあげ」をつくってみてください。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする